アメリカでのテーブルマナー

アメリカは、日本よりもテーブルマナーがしっかりしていると思います。いざ、一緒に食卓を囲むときに失礼に当たらないように、一般的なテーブルマナーについて確認しておきましょう。

・同席者全員に料理が出されるまでは、食べ始めないことが大切です。ただし、料理が来ていない人が「冷めないうちにどうぞ」と言ってくれたのだとしたら、先に頂きましょう。

・右利きの場合は、料理は右手を使って食べます。ナイフで料理を切った後、皿の端にナイフを置き、フォークを右手に持ち替えてから食べます。

・音をなるべく立てないようにして食べます。

・食べ物を噛むときは、口を閉じます。口に食べ物を入れたまま話しをしないようにします。

・皿に口とつけて飲んだり、皿をテーブルから持ち上げたりしないようにします。

・右手で食べている間は、左手はひざの上に置くか、前腕をテーブルの端に添えます。テーブルにひじをつくのはNGです。

・ワインが出る場合も、全員のグラスの注がれるまで待ってから飲みます。

・食べ終わったら、皿を下げても良いという合図として、フォークとナイフを皿に揃えて置きます。

・当然のことながら禁煙席ではタバコを吸ってはいけません。また、喫煙席であっても、同席者が全員食事を終えるまでは、タバコは控えましょう。

・ゲップをしないように気をつけます。うっかりしてしまったら、「Excuse me」と言いましょう。

オンライン英会話教室の楽しみ方講座 TOPに戻る

スポンサードリンク