高校生の英語学習

英語は中学、高校、大学と一貫して勉強し続けます。したがって、中学時代に勉強した結果が高校の勉強につながり、さらには高校の勉強次第で大学での英語に影響することになります。

中学時代に英語をしっかり勉強できていていれば、高校では大学進学、さらには将来のキャリアを考えて一層のレベルアップに取り組むことができます。高校1年が終わるころまでに、大学進学に必要な英語レベルに達していることが望まれます。

あとは、将来のことを考慮して伸ばさなければならない、リーディングやヒアリング、スピーキングなどを集中して勉強するのがベストです。これらは周りからやらされているうちはなかなか上達できませんが、本人がその気になればどんどん磨いていくことができます。また、高校生のうちからTOEICを受けるなどして、一般社会における自分の英語力を試してみるのも、とても良い機会になるでしょう。

しかし、中学時代には英語がそれほど得意でなかったというケースもあります。もしも、将来を考えて高校時代に英語力を飛躍的に向上させることが必要だとなった場合には、高校に進学してから早急に徹底した英語学習をスタートさせなければなりません。

また、中学時代に英語が嫌いになったり、英語の基礎がほとんど身についていない場合には、高校に入ってから基礎を勉強しなおさなければなりません。これには大変な苦労が伴いますが、大学進学を考えている場合は、少しでも早く英語力を改善しなければなりません。もし可能であれば、優秀な家庭教師を雇ってでも、集中的に英語を勉強するべきでしょう。

オンライン英会話教室の楽しみ方講座 TOPに戻る

スポンサードリンク