英語モードになろう

日本人は多くの場合、英語で話すときも完全に日本語モードで考えています。英語で話しかけられているのに、頭の中には日本語が浮かんでしまっているのですね。

どんなに英語が好きで話す機会が数多くあったとしても、英語だけで考えている人は少ないのではないかと思います。

でも、よく考えてみると英語で聞かれているのに、わざわざ日本語にしなくても良いのです。そのままでもよく知っている英単語は多いと思うので、その言葉さえも日本語に変換してしまうのは、非常に勿体無いですね。

このような英語⇒日本語⇒英語のやり方になれてしまうと、ある程度まで英語は上達するかもしれませんが、さらなる上達は期待できないかもしれません。

英語を極めるために大切なのは、英語で聞かれたときに英語で考え、そして英語で話すことです。英語を本当の意味でマスターしたいのならば、英語で考える「英語モード」を極めなければなりませんね。

この英語モードを作るためには、訓練が必要になります。英語だけで考える練習をしなければなりません。これまで英語を日本語に治す癖がついている人ほど英語モードを作るのは難しいものです。

英語モードを育てていくためには、どんなことでも英語で考える習慣を身に付ける必要があります。もし日本語が頭に浮かんでしまったら、その思考はそこでストップさせて、すぐに英単語・英文で考えるようにしましょう。

練習方法としては、日常で自分が感じたことを英語で思うようにします。「今日は寒いな」とか「お腹が空いた」などなんでも構いません。その時の状況を日本語を頭に浮かべずに英語だけで考えるようにします。

そして慣れてきたら、ネイティブや英語を学んでいる友人の間でも、英語モードを養っていきます。コツは英語で聞かれたときに、日本語を思い浮かべるのではなく、その物自体や状況をイメージすることです。そしてそこから英語を発していきます。

英語モードが身についてくると、英会話のテンポが劇的に良くなります。非常に大切な部分ですので、しっかり養っていきたいですね。

オンライン英会話教室の楽しみ方講座 TOPに戻る

スポンサードリンク